Madness at Gardmore Abbey(D&D4e) 第2回目

前回、戦況がひどいところでセーブしたらメンバー減っちゃって それでも戦況がひどいところからスタートさ! 本日のプレイヤーは3人。 このメンバーでどうやって切り抜けていくのか! 本編はこちらから。

ガードモア修道院に潜む狂気 第3章

ガードモア修道院に潜む狂気 第三章 古き開拓地 #ガードモア修道院— 妄想殿下 (@den_k) July 12, 2013

雷鳴山の迷宮 第8回(D&D4e)

お久しぶりでございます。 雷鳴山の迷宮第8回のプレイレポートです。 キャラクター紹介 みんなレベル6になりました。 ディピードロ(ティーフリング・クレリック・女) 今日も奔放な発言が冴え渡るディーフリングの自由なクレリック。 ダメージ出したいと言…

ガードモア修道院に潜む狂気 第2章

ガードモア修道院に潜む狂気 第2章 冬越村 #ガードモア修道院— 妄想殿下 (@den_k) July 3, 2013

ガードモア修道院に潜む狂気 第1章

ガードモア修道院に潜む狂気 1:鎧戸の嵌った窓からうっすらと明かりがさす室内では、アルコールとパン、そしてベーコンの焦げる匂いが充満していた。薄っぺらい天板のテーブルの前では鱗鎧を着込んだ大男が一言も発しないままに腕を組み、身じろぎ一つせずに…

ホーシャムの水神事件(新聞記者クリスの手記より) 第12回

なんか分量が少なくなってしまいました。 本文は以下のリンクより ホーシャムの水神事件第12回

Madness at Gardmore Abbey(D&D4e) 第1回目

D&Dがやりたくて仕方ない私は新しいセッションを開始したのだった。 英語シナリオのMadness at Gardmore Abbeyを買ったものの眠らせていたのでそいつを遊ぶことにした。 ハーケンウォルド領が傭兵団アイアンサークルに脅かされてから数ヶ月後、フォールクレ…

ホーシャムの水神事件(新聞記者クリスの手記から) 第11回

2か月ぶりでございます。 なんとか続きを書きました。 今回は、マジで録音の方を聞かせてやりたいくらいなんですが、 私の拙い文で我慢してください。 ホーシャムの水神事件第11回

ホーシャムの水神事件(新聞記者クリスの手記から) 第10回

ゲルノク老人の家を辞したジョナサンとその一行はホテルへ帰る。 続きは以下のリンクから ホーシャムの水神事件第10回

ホーシャムの水神事件(新聞記者クリスの手記から) 第9回

日は変わって……さらに関係者へと聞き込みをするジョナサン一行は……。 本編は以下のリンクから ホーシャムの水神事件第9回

ホーシャムの水神事件(新聞記者クリスの手記から) 第8回

CoC

エリシアの友人への聞き込み、そこに来たのは…… 本編へは以下のリンクから ホーシャムの水神事件第8回

恐怖の墓所セッションUstやります(D&D4e対応) #DnDj

今をときめく公式シナリオ「恐怖の墓所」とは裏腹に ほんっとーーーに元ネタの方の恐怖の墓所の4版コンバートバージョンのセッションを Ustで放送する予定です。 はっきり言って、ネタバレしか無く、今後一切恐怖の墓所をプレイする予定が無いか 恐怖の墓所…

ホーシャムの水神事件(新聞記者クリスの手記から) 第7回

事件の調査はさらに続きます。友人に聞き込みに行ったクリスは……。 本編は以下のリンクから ホーシャムの水神事件第7回

ホーシャムの水神事件(新聞記者クリスの手記から) 第6回

捜査はさらに進展していきます? 年内の更新はこれでおしまい。続きは来年から 本編は以下のリンクから ホーシャムの水神事件第6回

ホーシャムの水神事件(新聞記者クリスの手記から) 第5回

CoC

捜査の舞台は再び学校へと戻っていきます。 本編は以下のリンクから ホーシャムの水神事件第5回

ホーシャムの水神事件(新聞記者クリスの手記から) 第4回

CoC

CoCプレイ小説の第4回目です。 いよいよ捜査へと乗り出したジョナサンたちは……。 本編は下記のリンクからどうぞ ホーシャムの水神事件第4回

ホーシャムの水神事件(新聞記者クリスの手記から) 第3回

CoC

CoCプレイ小説の第3回目です。 探偵ジョナサンはホームズの話を聞き、いよいよ事件の舞台へと旅立ちます。 本編へはこちらから ホーシャムの水神事件第3回

ホーシャムの水神事件(新聞記者クリスの手記から) 第2回

CoC

CoCプレイ小説、ホーシャムの水神事件第2回です。 いよいよあの人がPCたちに出会います。 ホーシャムの水神事件第2回

ホーシャムの水神事件(新聞記者クリスの手記から) 第1回

CoCのシナリオ第1作目のプレイを元にしたオリジナル小説です。 実は録音もしていたのですが、レコーダーを忘れスマートフォンで録音したらこれもまたずいぶんとヒドい音で録音されていたため、プレイ記録を書くのもなあと長らく放置していたのですが、まあ、…

雷鳴山の迷宮 第7回(D&D4e)

(注意! 公式シナリオ「雷鳴山の迷宮」のネタバレが多大に含まれますが、新しいソリューションで解決しました!) 前回までのあらすじ 内廊下をぐるぐる回ってたどり着いたのがこの地獄みたいな部屋ってわけだ アンク(ドラゴンボーン・男・ファイター(ウ…

ダウンシャドウで何が起きたか?(D&D4e 翻訳シナリオ) 

Dungeon誌#204で公開された「What's up In Downshadow」というシナリオが D&D4eでは珍しいシティアドベンチャーシナリオだったので翻訳して遊んでみた。 せっかく翻訳したので翻訳データを公開します。 とにかくシナリオで遊べればいいと思って訳したので直…

クトゥルフ神話TRPG向けシナリオ「デッドシップ」

この前のセッションで使用したシナリオを公開します。 プレイヤー人数は3〜4人が適当でしょう。 時間は4時間かかりました。慣れたプレイヤーなら3時間くらいで終わると思います。 短い場合は部屋とギミックを足して使用して下さい。 また、NPCがいないシナリ…

雷鳴山の迷宮 第6回(D&D4e)

(注意!)公式シナリオ「雷鳴山の迷宮」のネタバレが多大に含まれます! 前回までのあらすじ 角砦を根城にしていたドゥエルガルから冬越村の人々を取り戻した君たちは、 残りの村人を取り戻す為にノールたちのわんさかいるデーモンの井戸へと向かったのだっ…

防衛役のマーク能力による貢献について

防衛役はデザインが失敗しているんじゃないかという話が以前議論されていて、高レベルになると数値が大きくなり、マークによるー2のペナルティは意味が無くなるのじゃないかという話になっていたので、以前から自論として持っていた、マーク能力は確率にたい…

雷鳴山の迷宮 第5回前編 (D&D4E)

前回、話し声が聞こえる扉の前で突入しようという決意を固めた冒険者たち。 中で待つものは誰か! 今回はボス戦からスタートなのでヒジョーに長くなってます。 (注意! 公式シナリオ「雷鳴山の迷宮」のネタバレを多大に含んでいる上に 今回はボス戦で長くな…

雷鳴山の迷宮 第5回後編 (D&D4E)

前回、話し声が聞こえる扉の前で突入しようという決意を固めた冒険者たち。 中で待つものは誰か! 今回はボス戦からスタートなのでヒジョーに長くなってます。 (注意! 公式シナリオ「雷鳴山の迷宮」のネタバレを多大に含んでいる上に 今回はボス戦で長くな…

Reavers of Harkenwoldのustとかについて

Reavers of Harkenwoldのust放送は終了しました。 大変でした。……何回かに分けてやるのがみなさんは良いと思いますヨ。 それではまた未来にあるかもしれないD&Dセッションustにご期待ください。

Reavers of Harkenwold第0回(プレイヤーキャラクター紹介)

D&D Essentialsの製品ラインナップの一つに「Dungeon Master's Kit」というものがあります。 これはEssentials版ダンジョン・マスターズ・ガイドなのですが、さらにおまけで「Reavers of Harkenwold」(ハーケンウォルドの略奪者くらいの意味)という中編シ…

雷鳴山の迷宮第4回(D&D4E)

(注意!)公式シナリオ「雷鳴山の迷宮」のネタバレが多大に含まれます! 前回までのあらすじ 角砦は2つ攻略された。 冒険者達は倉庫をセーフハウスにして、捕まっていた村人たちとすし詰めになりながら大休憩を取る。 その間にアドルは冬越村のパドレイグ卿…

シナリオとゲームマスター論

この記事は久々に新しいゲームのシナリオ作成とゲームマスター(以下GM)をして、 「これってこういう事じゃね?」と思ったことの記録であり、 今後、経験を通して容易に変化しうるものであることをお断りしておく。 また、他の人のマスタリングにケチを付けた…